キリンさんとデリヘル | キリンとデリヘルの関係、、、ゾウと風俗の関係など

 

ふたご座風俗熊谷

  • 投稿者 : デリ田ヘル助
  • 2011年11月11日 3:53 AM

僕の悪名の高さは知っているがそんなことは関係ない、とでも言いたげな態度だ。「ああ、そうさ」答えた瞬間、赤面してしまった。我ながらびっくりだ。これまで母を除いて、どんな女性風俗嬢にも、自分の性格をどう思われようと平気だったのに。それなのに、自分の気質のよくない一面を、デリヘル嬢に知られてしまうことが恥ずかしくてたまらない。「私、これまであなたのような人と出会ったことが一度もなかったの」彼女はさっと言葉を継いだ。「だから、私たちのこの出会いは一種の冒険だと思っているの。私にとって、これはとっても有意義な出会いになるはずよ・もしかしたら、女性風俗嬢がスキャンダラスな男性に編されやすい理由も発見できるかもしれないわ」デリヘル嬢の瞳はいたずらっぽく輝いている。なんてことだ。生意気にも、彼女はこの僕をからかっているじゃないか。熊谷にある「自分がいかに危険な状況にいるか、まだ理解してないようだな」「ねえ、なぜあなたはこの場所から離れようとしないの?」彼女は優しく尋ねた。熊谷 風俗好きにとってもうこれ以上電僕の不名誉な評判のことを話題にするつもりはないらしい。一何があなたをそんなに困らせているのかしら」ああ、僕の心はどうして読まれてしまっているんだ?「別に、何も困ってなんかいない」「あなたは戸惑っているわ。何かあったんじゃありません?」自分を戒める間もなく、口から言葉が勝手にあふれ出てしまった。「これまで母と兄と三人暮らしだったんだ。でも、最近母が僕の大嫌いな男と結婚してしまった」「まあ、それは受け入れがたい状況だわ」「しかも、つい数分前、兄も僕のあまり好きじゃない女と結婚することを知らされたんだと「あなたとお兄様は仲がいいの?」「ああ」「まあ、それならショックでしょうね」なぜ、僕はこんな見ず知らずの他人に、自分の秘密を打ち明けてしまったんだろう。ひどく戸惑いながらも、その理由を考えずにはいられない。いつの頃か熊谷ならばこれまでどんな相手にもプライベートなことは明かしたことがない。それなのに、後先も考えず、彼女にはこんな個人的なことを打ち明けてしまった。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。